2016年7月8日金曜日

公式の CentOS7 box に Guest Additions を入れる

Docket に乗り遅れたエンジニアの vagrant の話。
vagrant init centos/7; vagrant up --provider virtualbox
で入れた公式の box には Guest additions が入ってないので手動で入れる。

vagrant ssh で入って root で以下実行
# yum update -y
(カーネルのアップデートがある場合ここで vagrant reload して再起動が必要)
# yum install -y dkms gcc kernel-devel
vagrant halt でいったん落とす

以下の iso のエイリアスをデスクトップに作る
/Applications/VirtualBox.app/Contents/MacOS/VBoxGuestAdditions.iso

virtualbox の gui から今回入れたのイメージを選択して
設定 > ストレージ > +アイコン > 光学ドライブ > ディスクを選択

上で作った VBoxGuestAdditions.iso へのエイリアスを選択して OK して設定を閉じる

vagrant up して 再度 root で作業
# mount /dev/cdrom /mnt
# /mnt/VBoxLinuxAdditions.run
vagrant halt して virtualbox の gui から光学ドライブを削除して完了。

ディスク容量の増加

当初 1.3Gだったイメージもろもろの容量がこの作業を通して 2.4G ほどになるので注意。ちなみに容量は以下のコマンドで確認できます。
du -sh ~/Documents/VirtualBox\ VMs/*

Linked Clone

Linked Clone している場合は、Virtual Box から マスター VM 立ち上げて上の作業をすれば、クローン VM にも反映されるはず。と思ったけど、どうもうまくいかない。

VirtualBox VMs/マスターVMのディレクトリ/ を観察していると、一連の作業は Snapshots/ 以下の vmdk に書き込まれている。一方でクローン VM が参照しているのは、VirtualBox VMs/マスターVMのディレクトリ/ 直下にある vmdk ファイル。これらの vmdk をマージできれば良さそうだけど、今回はここまでにする。

参考

http://oki2a24.com/2016/05/04/make-scratch-vagrant-box-from-centos7-minimal
https://www.virtualbox.org/manual/ch04.html#idp46691715827040

0 件のコメント :

コメントを投稿